傑作の構造イメージ

▼▼難しく深く考えずに「多くの皆様にウケるよう」調整しようとすると、なんとなく薄く浅くしてしまうことが多くなるのだけど(薄く浅くすることで短絡的な「滑らかさ」は出せるのだ、っていうような印象)、天才や傑作の技巧、といったものを想像してみるのであれば、天才や傑作というのは、薄くも浅くもならないよう細やかな調整を行ない続けて、しかも、見事に達成してみせた所業、なのである、というふうに思い描いてみてよいのかなー、って思った(薄さゲージ浅さゲージが下がらないよう、上がり下がりを調査しながら、微調整をし続けている研究者イメージ)。