啓蒙され開眼させられる才覚

▼▼人に啓蒙され、人に開眼させられる、というようなことの、うまさ、および、うまいやりかた、というものがあるんじゃないかなー、と最近は思うし、なんとなくどういうものが「うまい」のか、判ってこれている気もするのだけど(あと、あの人うまいぞ、とか思えている瞬間もあるかと思うのだけど)、でも、改めて説明しようとすると説明が妙に難しいというか、説明を始めると長くなりそう……、丁寧に説明すると内部処理がの多さに目眩がしそう……、面倒くさそう……、といった予感が、かなりあって──嫌な関門にしてしまっているところがあったりして、結局、言語化まで辿り着けていない──結局は理解をサボってしまっている、という雰囲気があるなあ、っていう気もした。