読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経験を重ねて、引き算的美しさを見つめる

創製記 思考記

▼▼経験を重ねることで「無いところ」が見えてくる。引き算的美しさが判ってくる分水嶺というのがある。判るまでは足し算的美しさを検討することが多くなる。まあ、ほかの領域で引き算的美しさがあることを学んでいれば、比較的早い段階で、引き算的美しさというものを仮定して見ていく、という行動が取れるようにもなるだろう。
▼▼文章の引き算的美しさを掴むのが苦手だ、という気持ちからこのような構造のことを考えていた。シンプルな美しさ、選び抜かれた簡素、必要最低限、上質な素材で極限まで素材の味を活かしている、無駄がない邪魔がない、というような形状と、手抜きですかすか、の見分けを苦手としている。すごく駄目、は判る気がするけど、普通、と、かなりよい、くらいの境目が見極められてないかなー。