読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厳選三題噺

▼▼アトランダムに選ばれた三つのお題をぜんぶ組み込んでみせましょう、というような精神のもとで、小噺を作る「三題噺」という手口があるけれど、アトランダムな選択ではなくて、考え抜いて選び抜いた三つのお題を織り交ぜて三題噺を書き切ろう、といった手口(これを書こう、と思いついた一つの事柄に、最も似合うであろう「程よい距離の」二つの事柄(計三つ)をカップリングさせて、文章を書く、というような「似合う相手を真剣に探したパージョン」の三題噺)が、あってもよいのでは、と、ふと思った。
▼▼と思ったのだけど、世にある、面白くて素敵なエッセイ、って、そもそも、そういう作られかたをしてる(ことがある)んじゃないの? ってふうにも思えてきた。少なくとも、そういったものに類する作りかたをしている人はいそうだ。関係なさそうで関係させられそうな要素を(二つ三つと言わずとも)探し求め、響き合わせて、叙述してゆく。