ボブジテン、タイムボム、ディクシット・レヴェレイション、カルバ・カードゲーム、で遊んだ(白色ボードゲーム会)

▼▼比較的珍しい人達と遊ぶ機会が出来た。というような文言が書ける瞬間が最近は多少増えてきた気がする。珍しい人達であっても、遊んでみよう、遊んでみたいぞ、といった意志の顕れが増えてきたのだろう。巡り巡って縁が増殖し始めた雰囲気もあるかな。とはいえ、今日の顔触れが続くかは微妙かなあ。ボードゲームの紹介も兼ねた会だった。呼びかたとしては白色ボードゲーム会になる。楽しんでもらえていたならよい。また遊ぼうと言ってもらえたら嬉しい。▼▼途中で抜けた。というのもあって、ばたばたしていた雰囲気はあった。写真も撮る余裕があまりなくて、多少残念だった。
▼▼『ボブジテンその1・その2』→『タイムボム』→『ディクシット・レヴェレイション(拡張)』→『カルバ・カードゲーム』という順番で遊んだ。ボードゲームというものに引き合わせるためのラインナップとしては比較的よい出来だったんじゃないかなあ。今回の評点は「引き合わせた時の手応え」が基準になっているところはある。
▼▼『カルバ・カードゲーム』がかなり素敵だったな。評判を聞いて買ってみたのだけど、ほんとうによかった。『ディクシット』は七番目の拡張を混ぜて遊んだのだけど、あいかわらず素敵な絵柄だった。新イラストレーターの絵柄は非常に好きである。

ボブジテン その1・その2(その2は初プレイ/5人)

□□□□■■■■□
(最大【10】点中、範囲としては【5~9】点の雰囲気があり、本日は【7】点)









タイムボム(複数回プレイ済・アークライト版/5人)

□□□□□■■■
(最大【10】点中、範囲としては【6~10】点の雰囲気があり、本日は【9】点)









ディクシット レヴェレイション拡張(拡張はプレイ3回目/5人)

□□□□■■■■
(最大【10】点中、範囲としては【5~10】点の雰囲気があり、本日は【9】点)









カルバ・カードゲーム(初プレイ/5人)

□□□□■■■■□
(最大【10】点中、範囲としては【5~9】点の雰囲気があり、本日は【7】点)


タイムボム

タイムボム

ディクシット:レヴェレイション 多言語版

ディクシット:レヴェレイション 多言語版