思考のバランス矯正ばっかり、じゃ駄目だよなーとか

▼▼思考風景を眺めて、平衡感覚的に見てココとココにズレがありますねー、うまくバランスの調整ができてないですなー、なんて自覚/指導しながら「綺麗に立てる」ことを目指して頑張ってしまってることが、滅茶苦茶多い。▼▼って自覚したけど、姿勢や重心に駄目出しして「強靱かつ綺麗なバランス」で立てるようになるだけじゃ届かないところがあるだろ、って思った。▼▼比喩的には腕立て/マラソン/技術トレーニングかなあ。