平気な無理と平気じゃない頑張りのバランス

▼▼頑張りの調整具合が結局ぜんぜんわからないままだなー、って思った。無理して破綻しちゃうことを怖れながら、と同時に、楽なほうがよいねえってのも当然あって、心情として、無理しすぎだよ、って指摘には、まあ簡単に安易に納得しがちだ。すぐ納得しちゃう、けど、実際問題無理かどうかはじぶんでも正確に掴めてなく、結果的に、無闇矢鱈に負荷を弱めちゃってるところがある気がする。程良い頑張りだ、なんて誤認して、あるいは口実にして、手抜きしちゃってる感が強めにある。もしくは強めに思いたがってる。
▼▼強靱さはあるに越したことない派なので、適切に調整していかないと不満足な結果を招く可能性があるよなー、ってのは考えてる。▼▼適切で手頃な負荷なんてすべて理想と幻想だ、って切り捨てる案についても、時々思ったりはしてる。じぶんというコイツは絶対にじぶんを甘やかしやがるぜ、って最初から決めつける系の行動指針である。負荷における「丁度良さ」を全面的に疑う姿勢である。まあアリなのかなと思ったり、揺り戻しで駄目だろうと思ったり、している。▼▼現状は、アリかな派である。▼▼単純に、脆弱化の匂いを頻繁に嗅ぎ取った気になってると、無意識甘やかしを疑い始める。変調や不調を見聞きし始めると無意識無理しすぎを疑い始める。