気づき好きと、気づきを書かせて新たな気づきを得る作戦

▼▼物事や現象を、改めて丁寧に理解してみせよう、って思い立って──思い立てて、記憶を漁って解析する素材を集めて、分解分析を試みて、辿り着いた境地、を、書き記しておくのが好きだ。記述する要素として最も好んでいるかと思う。世界やら社会やらが持つ独特な起伏に気づいて、関連記憶も活用して、法則として取り出せるようなところはないかなー、って挑戦する。なんて行動に胸が躍る。
▼▼読む時も同じところがあるかなー。世界を眺めて、お……! こここうなってるじゃん……!って驚く精神の文章が好き。まあ、可能な限り目新しい切り口であること望んでしまう、ってところもあるにせよ。
▼──あるにせよ、なんて言い回しを持ち出してみたけれど、驚く精神を描いていて、かつ、じぶんにとって目新しい切り口を描いている、時の、尊敬や感激の強さの違いを踏まえてみると、後者のほうを重視してるのは間違いなくて、若干微妙かなあ、と思った。世界に気づいてる姿が好きだ、なんて強調的に記述しておきながら、結局「じぶんにとっての目新しさ目当ての口実や口車感」が、まあまああるのだった。