読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強引と口先で世を渡っていくかいかないか

▼▼強引と口先で利を得て過ごしている人を見る機会が増えている。▼▼強引と口先が人間に与える影響、に関しての観念は、経験則的にある。▼▼現在抱いている観念から判断してみせるなら、強引と口先で幅を利かすやりかたは好きじゃないなー、あんまり素敵な結果をもたらさないだろうなー、なんて考えられる──考えてしまう。▼▼好きじゃないので、否定したくなる。駄目だ、と告げたくなる。▼▼なるけれど、実際に利を得ている人間を見てもいるので、単純に「駄目だ」とは断言しきれず、結果、思想や主義に載せることで軽視するような姿勢が顕現し始めちゃったりする。▼▼できない/したくない、の狭間でうろうろし始めてしまう微妙なあれである。
▼▼あのひとのやりかたは正直あんまり好きじゃないけど、実際的な結果やら利益やらは確かに出ているようだし、じぶんのやりかたが効果的かも不明だし、羨ましかったり悔しかったりするところもあるし……、っていうような困惑と不満と疑問が、まあまあやはり少なからず存在していて、日常の中でふわっと思いついたりした時なら、限定的にはいちおう対処できてるというか「巧く宥められてる」のだけど、抜本的に無効化/無化したり収束させたりするような認識はやはり持ててないんだなー、っていうのを思った。
▼▼強引と口先、を、脊髄反射で敵視してしまっていることにより、実際問題「利益にアプローチできている」要素、を見逃している可能性はかなりあるかも、と思えてきた。この惑いはよくないな。▼▼強引と口先をぜんぜん取り扱っていないような人格なのかね君は、って問題もあるのだよなー。物事はおおよそ程度問題であるにせよ、まあ、罪人を糾弾するような厚かましい顔ができないのはわかる。論旨変わってきちゃうけど。