職場最寄りの書店で買った

▼▼最新刊読了のため『信長協奏曲』はしばらくお預けである。残念だ。伏線として活かせる情報は沢山出てきたかと思う。絶妙かつ派手な活用により、極めておもしろくなる可能性は、ある。▼▼漫画『鋼鉄の華っ柱』は、もう、文句なく楽しめている。図抜けて漫画として質がよい。▼▼関所漫画、という稀有な言葉を残してみたくなる漫画『ヴォルフスムント』は、切り口や姿勢が斬新なので気になって読んでしまうなー。漫画界は関所を舐めていたよな実際、なんて言えるだろう。権謀術数により間抜けに突破される姿ばかり見させられていて錯覚していた、と言える。可能性と破滅のバランスが良すぎる。

【1】信長協奏曲-6巻(石井あゆみ)漫画

【2】鋼鉄の華っ柱-2巻(西森博之)漫画

【3】狼の口 ヴォルフスムント-2巻(久慈光久)漫画