今日の終わりに、今日の印象を塗り替えちまえ

▼▼世界に対する印象が、記憶からの影響を色濃く強く受けている、なら、記憶違いや勘違いを誘発させまくることで、世界に対する印象を変貌させられるのではないかな、って思った。▼▼正直今日は、惰眠と怠慢と言ってもよいような無為気味な普通日で、だけど記録時に、ゆっくりゆったり優雅に過ごしたよ、って言葉を残そうとしてみたら、ほんとうに優雅な一日であったような、記憶改竄寄りの印象が、ほのかに駆動し始めたので、活かせないかなあと考えている。▼▼思ってる以上に記憶は頑丈でないよな、っていう判断が最近はあって、ぜんぜん記憶を維持できなくて残念がっているので、まあ、逆手に取ろうとしている、と言えるかな。結局曖昧な印象しか世界に残していけないのなら、適切に狡猾に操って、楽しげな感じに置き換えといてしまえばいいじゃん、って画策だ。