言葉でズレて視点もズラして

▼▼適切で的確な言葉なんてぜんぜん出てこないので、言葉を置いていくたびに、見事に微妙にズレまくってくれる。けどだからこそ、言葉のズレが、引き摺るようにしてというか引き寄せるようにして、視線までズラしてくれて、違う面に目を向けさせてくれる、という状況判断でよいのかなー。▼▼言葉や文章を書くごとに、新しくて異なる「視線やら視点やら認識やら判断やら理解やら解釈やら」が、思考的視野の「向こうがわ」からスルスルと引き摺り出される、っていうような感触は、わりとはっきりあるように思っているのだけど、なんていうか、結局何が出てきてるんスかねえ、っていうと、戸惑うところも沢山あるのだった。違和感を覚えてしまう。ので、羅列してみた。▼▼分厚く言葉を置くことで、ようやく届く範囲がある、ようにも思うのだけど、まあ違う話なのかな……。