君の形容詞

▼▼形容詞はおのおののものだろう。誰にでも自分だけの形容詞があるんだよなってよく思う。見えてしまう形容詞を誰だって抱えている。捨てることはできなそうだ。従うしかない。従順を装うか、あるいは、誠実に向き合うしかないんだと思う。結局ほかには「進むべきところ」なんてない。なかったりするんだろうな、と考えていた。
▼▼理解した時に「強い」と感じてしまうところがあり、認識した時に「賢い」と感じてしまうところがあり、覚悟した時に「美しい」と感じてしまうところだってあって、結局は逃げられないんだと思う。陳腐でありがちだろうけど、形容詞を捨てて、ほかに目指そうと思えるところなんてあるかなー、って思う、のだった。
▼▼世間的な「強い」って認識を壊そうとしても君の中の「強い」って形容詞はやっぱり捨てられないだろうし、一般的な「賢い」を崩そうとしたって君の中の「賢い」って形容詞は別に嘘になったりしないだろう。しないなあ、って最初思って、できないよな、とも思って、胸中の形容詞にはちゃんと従わないとなー、みたいなことを思ったのだった。形容詞に値するか検証し続ける、っていう行為もまた重要になったりして、って感じだ。