意識を過去の位置に戻そうというんではなくて、なんだろう、ただ感謝から始めたいだけ

▼駄目な感じで偉そうになってしまったなー、とか不意に思ってしまった。特に「世界に対して」で、だから、世界は称賛に値するよー、なんてうまく笑うことが最近はできなくなってしまった。なってしまっていたように思う。むう。うめくなあ。厭だ。理解なんてものを振りかざして追い詰めてしまったら――見下してしまったら「楽しい世界」なんてあっさり終わりだよなあ。猛省しようと思った。▼敬愛している人達がまだまだ沢山いるし、というか増え続けているよって迷いなく言えるし、悪いけど日記とか文章とか随筆とかブログとか滅茶苦茶おもしろいし、相変わらず読みまくっていてスイマセンとか思ってしまうくらいだし、なんて、現段階の心の解説としてまとまっているかどうかはかなり怪しいのだけど、いずれにせよ、死ぬほど謙虚に行かねば駄目だろ! とは強く真摯に思うのだった。謙虚に楽しみながら、誠実に鍛えていこう。▼言葉が浮かばないないよー、とかさ、もう何様なんだって話だよ。素敵な言葉が勝手に浮かぶような者である、とかいう認識を、いつの間に滑り込ませてしまったんだろうか。雑魚な話だよなあ。粗雑で陳腐でツマラナイ恰好付けなんてもう全面禁止だ。だって、楽しいもんなあ。せめてつまらなくはしたくない。できれば冒涜はしたくない、っていうかな。まあ改めてだけど、やっぱり楽しいよ。読ませてもらってありがとう、って真剣に思っている。ありがとうと伝えたい相手が沢山いる。幸せなことだと思う。微塵も嘘はない。あえて逆賊してみた。