数値を見て、指針を見つける技術、がないこと

▼軽くミーティングをした。戦略性がないな、ってことを考える。痛感する。でもって反省した。たぶん、数値化できることはもっとあるんだろうし、数字をいじって、こうしたほうがよくなりそうだな、と思えるところももっとあるんだろう。という判断が的確なことも当然あるに違いない。つまりは、習得できていない技術がまだまだあって、おかげで機会をたぶん逃していて、駄目だよなあ、って話だ。▼無論、数値に頼れば正解に辿り着ける、という話ではない。ただ、自分の感覚と、自分の経験と、過去の誰かしらの態度を元に造った人格群、を元にして、勝手に世界を想像して、妄想して、対策を練っているだけなわけで、やっぱり危ないんじゃないかな、って、やはり思うのだ。なんてのはいまさらなのかもだけど、いまさらながら、はっきり思った。頼りない判断だよなあ、と改めて思ってしまったのだった。▼既存の判断に盲従するのはまあ愚なんだろうけど、既存の判断を活用しないのも同じくらい愚なんだろう。誰のどの判断を活かすのか、という問題も頻出し始めるわけだけど、これも、随時対処するしかあるまい。駄目ならやり直せば良いのだ。無論、選択を誤って、でも気づかずに、進んで、最期の際に駄目出しされる、という可能性もあるわけだけど、まあ、押し通すしかない。無化するか正当化するしかないんじゃないかと思う。勇気で乗り越えるか無駄と見なすか意識しないようにするか。