たとえば君に逢えないことが、複雑な世界の中では、悲しみに値することなのだろうか

▼世界は複雑だ。という判断の改訂は、極めて単純な世界モデルが発生させる匂いを打ち破ることができたりする。たぶんできると思う。前提を覆すことができるからだ。誰かの持つ「優しくなさ」は、厳しさの中に潜む優しさ、なんていうような複雑なモデルの中に置き換えてみることで、改めて「優しさ」として捉えることができたりする。というようなことにいくらか似ている。近隣にあるだろう。とはいえ、類似と言えるかどうかは微妙なところだ。▼単純な世界モデルが切望のようなものを呼び寄せている、のがわかる。だから、複雑な世界モデルに頼ろうとしている、のもわかる。依存、と言えるだろうか。まあ言えるかもしれない。言えてしまうのはあまり嬉しくないな、と思う。依存が駄目、という判断があるわけではない。では、結局何を避けようとしているのだろうか。