情報と操作のバランス

▼情報操作で人を操れるのだろうか、なんて問いは無意味だろう。当たり前だよな、とは思えるからだ。情報を巧みに操ることで相手に気付かせない、なんてこと、無理なわけがない。情報不足で誤解していて後悔する羽目になった経験をどんだけ持ってんだ、という指摘すら思い浮かべてしまう。情報を隠蔽して恥を隠したこともあるだろ、とも思う。統計が欲しい、と思うのは、むしろ、思い通りに操作できた、という真実が、いかほど存在していたのかな、ということだったりする。操作可能、はあっさり認識できても、実際の成功度合、は、まるでわからないからだ。ずっと謎に思っている。悪いけど演技や虚言が透けて見えるぜ、という経験もまた、多い。同様に、見透かされたことも、見透かされなかったことも、あるのだろう。ただ、割合がわからない。ずっとバレバレの可能性、というのは怖いと思う。というほど隠蔽してはいないつもりだ。が。▼起床は午前5時半。