でも、明瞭に見せかけるだけ

▼無論、見せかける、ではある。あるのだろう。所詮は「信用できるっぽい」という匂いでしかないのだとは思う。でも、信用の匂い、を、感じさせることのない――微弱ですらなく論外である「態度」よりは、要求され必須となる瞬間があるのだろう。態度じゃなく言葉で、とか言えてしまうのは、要するにそういうことなのかな、なんて考えてみた。