存在を求めるのと、精度を求めるのと、では、違うかなと

▼相手の思考結果に検証や検討を求めてしまう時、のことを、念頭に置いてはいた。思考なんて通常は「検証」や「検討」を通って出てくるもんじゃないんだから一回くらいは確かめとけ、と言うのが適切なのか、思考は通常なら「検証」や「検討」を通って出てくるものだけど誤りもありうるからダブルチェックしとけよ、と言うのが適切なのか。などを考えていた。のだ。最近考えている。一回は確認して検証や検討という要素を組み込んでおけ、という要求と、二度は確認して検証や検討が有する精度を上げておけ、という要求は、違う。行為が違い、結果が違い、ゆえに、両者を必要とする場面も変わる。