再検証、再検討、は重要かな、と思える、が、ほんとうに「再」なのかなと

▼思索を再検証する。思考を再検討する。再ではないかも、と考えてみる。改めて検証し検討し、誤謬を探してみる。思考は「再度」見つめ直されるのだろうか。正確には、最初の思考は「検証と検討を経たものだ」と言えてしまうのだろうか。粗雑な思索だと、思考は最初から検証と検討のもとで行われている、ように思えたりする。というか、現在の己は「思考」の時は「検証」や「検討」という機能も同時起動してしまっている。だからむしろ「起動時に常駐するOS基本機能」なのではないか、と言えたりすらする。が、と同時に、でも本質ではないよな、とも感じる。つまり、なくてもイケるぜ、と思える。