ぼんやりのほほんのほうがいい場合もありうるかもで、迷う

▼世界は優しく美しいものであると信じる、ということはつまり、世界を『優しく美しいものにできる』と信じる、ということであって、言い換えるならばそれは、世界から『優しさと美しさを引き摺り出せる』と信じる、ということだったりするのだと思う。かなり微妙なところなのだけど、もし世界から『優しさと美しさ』を引き摺り出そうとするならば、おそらく『ぼんやりのほほんではない』と判断されていたほうがいいのではないだろうか、と現状では判断している。▼のだけど、実際のところは微妙だよなあ、とかやはり考える。多分何も考えてないんだろうけど無邪気な態度で当たり前のように『真善美』を断言しまくるからなんか影響されてしまった、という『ぼんやりのほほん』型人間の『影響力』ってのも侮れないんだよなあ、と思っているからだ。戦略として有利かどうかも明確ではないし、戦略として選択可能かどうかも不明ではあるのだが、どうしても考えてしまうのだった。いわゆる『メディアとコンテンツ』の問題としても捉えられるだろう。