ビジネス書を読んでいる

▼最近はビジネス書を読む機会が増えている。ビジネスが必要とする思考形態というのはおもしろいものだ、と妙に強く感じている。思わず、かつての哲学との出会いを想起してしまったりもした。初めて哲学と出逢った時にもかなりの衝撃を受けたなあ、ということを記憶しているのである。つまり、同じような気配があるのだ。▼情報を収集して、整理して、できる限り考え尽くす。そして、この思考によってなるたけ有効な解決策を導き出す。これが『ビジネス思考』の原則だと言っていいだろう。この原則に従って、情報を整理する技術、や、きちんと考え尽くす技術、や、解決策に繋げていく技術、が開発され続けているのだ。成功者の個人的な改善が参考にされ、洗練され続けていたりさえするのである。このあたりの『思考の技術化』がとてもおもしろい、と思えるのだ。▼無論、この種の技術化は、これさえやっておけばいいんだ、という『視野狭窄』を誘発する危険性を持っていたりもするのだろう、ということは考えている。が、依存して視野が狭くなってしまうような人間は、そもそも依存しなくても、たいした視野を発揮してくれないのではないか、と考えていたりする。ので、あまり問題はあるまい、と判断している。