実践できていることの自信、実践できていないことの躊躇

 おのれが正しいと思うことを逃げることなく実践する。ということの効能は、誰かに対して理想を語るときに、でも俺もできてないんだけどね、というエクスキューズが意識に浮かんでしまうかどうか、というところに現れるのかもしれないな、なんてことを考えていた。実際にそう発言するかどうか、は、無論別の問題だ。ただ、実際に俺はそれを実践しているぜ、という思考背景を持って発言するのと、でも俺もできてないんだけどね、という思考背景を持って発言するのでは、影響力に差が現れることも多いのではないか、と想像してみたのだった。具体的に『ここが違う』と指摘するのは難しい、が、受け手に与える印象はかなり違ってくるのではないかな、と想像してみたわけだ。要は、自信に裏打ちされた発言、と、自信がなさそうな発言、が持つ力の差の話だ。数日前に考えさせられた『おのれが正しいと思うことを実践する』ことが持つ効果、を参考資料にして、少し考えてみたのだった。自分の言葉で捉え直してみることで、きちんと自分の人格に染み渡らせておきたい、と思ったからだ。ちゃんと自分の信念の柱にしたい、と思ったからだ。