PLAY:第3次スーパーロボット大戦

第8話『誘う声』

 敵勢力は引き続き『ザフト』だった。ここ数話は『ガンダムSEED』を主軸にした物語が続いているわけだ。実を言えば『ガンダムSEED』を見たことはほとんどない。おかげでわりと楽しめている。あまり展開が読めないからだ。敵の数は比較的多いように思える。が、増援が来てくれるので問題はないだろう、と思う。ブライトやカミーユらがようやくやってきてくれるのだ。ビームが有効なフェイズシフト装甲に対して、Zガンダムは非常に強力な戦力になりうるはずだ、と言える状態だった。熟練度も獲得済。熟練度を獲得するためには雑魚を反撃で倒していくべきだ、と感じた。敵ガンダム四機を集中して攻撃しておかないと制限に間に合わないからだ。謎の敵キャリコが登場し、クォヴレーに襲い掛かる。危機。封印されていたはずのベルグバウが時空を超えて出現する。雑魚を撃破し何とか帰還。やはりこのシナリオにはイングラムが深く絡んでいるようだ、と判断できた。クォヴレー編を完璧に楽しむためには、きちんと『α』や『第2次α』をやっておいたほうがいいんだろうな、と思った。やっておいて良かった、とも思った。