元バイト先の本屋

海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA)

海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA)

 考え抜かれてるなと思えるような知的な物語が好きだ。ここまで読んできた中で最もそういった雰囲気を感じさせた作家は誰か、と問われたら、今の私は、この小林泰三という名前を挙げる可能性が高い。単純にSFが好きなんじゃないか、という説もある。

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)

迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)

 女王の百年密室、の続編である。主役であるミチルとロイディは、前作において、この物語を構成するために創造されたのだろうな、と解釈できるような人物であった。であるから、続編も考慮に入れて作った物語だ、という作者の言葉を聞いた時には、ちょっとした驚きを覚えたものだった。京極夏彦氏の『姑獲鳥の夏』などにも感じた感覚である。とはいえなんにせよ、おもしろければそれで良い。そして、きっと私はおもしろいと感じるだろうと予測している。前作と今作のタイトルの変化/対比におもしろさを感じた。