読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一行日記

単語選びの刺激

▼▼文章を書くことうんぬんについて、改めて考えているうちに、言い回しや論理の流れや繋がりよりも、単語一つ、のほうを優先したがる瞬間があるな……、と気づいて――気づいてから、じぶんが人様の日記を読んでいる時に、うわ! その事象を説明する時にその単語…

追われる日々と自然体(追われてる時は自然体じゃないという認識かいな)

▼▼人生には穏やかな時期と穏やかでない時期があるものさ、というような二分法(境界線)を思い描いてみてから、迷う暇もないくらいの必死さ懸命さに追われている時、なんかすごくいろいろ頭の中がぐるぐるしてしまう迷いの瞬間、なんか何となく余裕な雰囲気…

口語文語

▼▼漢字好きなので、漢字の利用を選んでしまいがちなのだけど、口語的な言い回しを漢字で表記する、よりは、文語的言い回しで漢字を使う(要するに熟語を使う)ほうが、性に合うし、つまり好きだし、読みやすさや判りやすさにおいてもよさそうだ、っていう気…

引用スターは一文のよさをじぶんにも思い出させてくれる

▼▼全体としてだらだらした印象の文章を書いてしまっていたとしても、一言、まあまあ切れのある一文が書けていたなら、それでよい、ということを、引用スターはわりと思い出させてくれるところがあって、素敵だ。

狭さと特別感

▼▼今そこにある文脈が、じぶんには(じぶんだけには)、判る、というような感覚、滅茶苦茶気持ちよいのだよなー(なので、快楽に溺れてしまう感じで、正直逃れにくいんだよね)(いやでも、そもそも逃れたほうがよいのか?)(じぶんだけには判る、と思える…

読みやすさ二種類

▼▼短文ぶった切り的なことによって出てくる読みやすさ、って、情報量の見た目とか切れ目、情報が入ってくる量(情報が頭に入力されるテンポやリズム?)による読みやすさ、で、長文でもテンポやリズムがよくて読みやすい、っていう時の読みやすさは、目の動…

コメントまで含めてひとつの作品

▼▼書き終えた文章に対して、ブックマートコメントやブログコメントを戴いて、お!そういう視点から見る手があったか! あ!そういう話に派生できるのか! なんてふうに驚けることが結構あって、こうして人の目のある場に文章を書いていることの幸せの一つと…

芸術チェックリストの項目が、美術館で殖える

▼▼美術館でじじじと見つめながら作品を鑑賞していると、そのうち不意に、芸術や美術を測るチェックリストの新たな「項目」がむくむくと頭の中に浮かび上がってくる、っていうか、実際に間近で体験できているからなのか新たな物差しの存在に思い至れる(思い…

最初に思いつけた比喩が、なんか合わなくても、むしろどうにか、思っていたことにうまく合ってくれるよう、誤魔化し誤魔化し、こねこねと、ひねり尽くしてたりすることあるし……

▼▼最初にぴかっと閃いた──辿り着いた、具体例/譬え話/比喩、あたりの言葉を、一目惚れによる盲信的な気持ちとモッタイナイ的な気持ちとめんどうくさい的な気持ちの混ぜ合わせによって、改めて選び直そうとしない──破棄しようとしない、固執してしまうし変…

解像度変更が、じぶんの時は、うまくいかない

▼▼眼差しの解像度が粗雑だ──これをそれを同じ種類の話と見做すのは雑じゃね? 繊細かつ詳細に見たら別問題だろ? っていうツッコミが、人に向かっては言えるのに、じぶんに向けては言えない、言おうとしない、というか、そもそも気づかないし、思いつかない…

三つまでは、数えることなく判る

▼▼人間は「三つ」までは瞬時に判別できる、っていう話から、言葉を書く時も、論旨や問いが「三つ」までならば混乱せずに叙述できてそう、という連想を思った。

変奏に至るまで

▼▼変奏、に辿り着くのに、変節→変拍子→編曲→アレンジ→変奏、と、頭を辿った。

ぼーっととは

▼▼頭の働きが鈍い気がする、と意識したような瞬間に、この判断は何に依拠したものなのだろう、という疑問を向けてみる習慣があって──遭遇した時に実験的検証してみる癖が少しあって、まあ今日も考えていたのだけど、今回は回答として、あるものについて頭脳…

よく思うことと、よく思うことが出てこない時の条件と

▼▼頭の中の定型処理と例外処理のエピソードを沢山コレクションしたいよー、だから見せてよー、いうような収集欲を回線上で暴れさせている気持ちがあるな、って思った。

作品の題名に触れる日記

▼▼日記の文章内に「作品の題名」が入ってるかどうかで雰囲気がぐっと変わるという経験則がある。

ピントを合わせる挙動と、腑に落ちる感覚自体は似てるけど

▼▼しっくりくる、と、納得、は、絵柄同じなのに連結部が異なるジグソーのピース風味。

文章書く時に必須というか、遂行する時には、何度も読み返しながら「脳内に拡がる印象」の微調整をしていく、って話を書こうと思ったんだけど、そういえばこれに名前ないの?って思った

▼▼言葉を読んだ時に脳内に拡がる暗黙知的な印象、に名前付いてないのかな……?

目標を明かしてる相手になら、それを踏まえて正しさを問える、正当性を判断できる、駄目出しとよしあしを納得できる、っていうのをじぶんに転用して、じぶんの目標を掴んでることで、認識内で、じぶんを把握しやすくなるかも

▼▼じぶんの目的、っていうものが認識の中で明瞭か否か、の影響は、わりとおおきそう。

ぐうの音も出ない駄目出し、のために、相手の目的を読み取るなり勝手に作るなりする、みたいな

▼▼目的が掌握できれば駄目判定を構築しやすくて、攻撃しやすくなる、のはあるなー。

異世界物語を書く時にお金の単位でちょっと迷う(というか駄洒落的な風味にしようか迷う)

▼▼架空の通貨一覧ってないのかな、って思ったらあった。流石だなー。

じぶんをアピールしたい気持ち、と、じぶんを実際以上に見せたい気持ち?

▼▼自己顕示欲と虚栄心、って二つの言葉の範囲/位置/使いかたに、かなりよく迷う。

削って削って残ったものがよい文章って示唆と、一行だけで何とかやりくりしようと頑張った時の試行錯誤

▼▼無駄を削り潰した文章と一行縛り文章は、似るし同じ回路使うけど、別物感が出る。