読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼーっととは

▼▼頭の働きが鈍い気がする、と意識したような瞬間に、この判断は何に依拠したものなのだろう、という疑問を向けてみる習慣があって──遭遇した時に実験的検証してみる癖が少しあって、まあ今日も考えていたのだけど、今回は回答として、あるものについて頭脳…

よく思うことと、よく思うことが出てこない時の条件と

▼▼頭の中の定型処理と例外処理のエピソードを沢山コレクションしたいよー、だから見せてよー、いうような収集欲を回線上で暴れさせている気持ちがあるな、って思った。

作品の題名に触れる日記

▼▼日記の文章内に「作品の題名」が入ってるかどうかで雰囲気がぐっと変わるという経験則がある。

ピントを合わせる挙動と、腑に落ちる感覚自体は似てるけど

▼▼しっくりくる、と、納得、は、絵柄同じなのに連結部が異なるジグソーのピース風味。

文章書く時に必須というか、遂行する時には、何度も読み返しながら「脳内に拡がる印象」の微調整をしていく、って話を書こうと思ったんだけど、そういえばこれに名前ないの?って思った

▼▼言葉を読んだ時に脳内に拡がる暗黙知的な印象、に名前付いてないのかな……?

目標を明かしてる相手になら、それを踏まえて正しさを問える、正当性を判断できる、駄目出しとよしあしを納得できる、っていうのをじぶんに転用して、じぶんの目標を掴んでることで、認識内で、じぶんを把握しやすくなるかも

▼▼じぶんの目的、っていうものが認識の中で明瞭か否か、の影響は、わりとおおきそう。

ぐうの音も出ない駄目出し、のために、相手の目的を読み取るなり勝手に作るなりする、みたいな

▼▼目的が掌握できれば駄目判定を構築しやすくて、攻撃しやすくなる、のはあるなー。

異世界物語を書く時にお金の単位でちょっと迷う(というか駄洒落的な風味にしようか迷う)

▼▼架空の通貨一覧ってないのかな、って思ったらあった。流石だなー。

じぶんをアピールしたい気持ち、と、じぶんを実際以上に見せたい気持ち?

▼▼自己顕示欲と虚栄心、って二つの言葉の範囲/位置/使いかたに、かなりよく迷う。

削って削って残ったものがよい文章って示唆と、一行だけで何とかやりくりしようと頑張った時の試行錯誤

▼▼無駄を削り潰した文章と一行縛り文章は、似るし同じ回路使うけど、別物感が出る。