右往左往ではなく浮き沈みの中もがくイメージ

▼▼芸術関係の物事に対しては、見えていなかった世界の姿、見慣れてしまって見えなくなっていた世界の姿、などを見せてくれるものである、と思っているところがあって、見慣れなさのほうに向かって同じところをぐるぐるしているのだ、といった運動イメージで新鮮味と忘却の話を捉えてみるだけでなく(というような運動のことを、昨日の日記では書いた)、難しく考えず、深く考えず、気を抜いて油断していると、人類誰しもが引き寄せられがちなほう、から、離れていく──引力に逆らってみせる、といった運動イメージにより、新鮮味と忘却の問題を見つめてみても、よさそうでは? って思った。行ったり来たり右往左往しているイメージ、ではなくて、沈みつつも頑張って浮いたり下がったりしているイメージ。
meltylove.hatenadiary.com

フォントのまわりをぐるぐるしている

▼▼見慣れて見飽きたフォントを眺めながら、よりよいものがあるんじゃないか、と思い立ち、綺麗なフォントを探し始めてみることがあるのだけど、おお!素敵じゃん!なんて思って立ち止まってみたところが、だいぶ前に使っていた既知のフォントのところであることって多くて、結局、よさを高め続けている、んじゃなくて、慣れと飽きを忘れながらぐるぐる回っているだけか、と思わされていたりしていたりもする。向上した気に、上昇した気に、なっているのに、同じところを回っている。▼▼忘れられてまたよさが見えてくる。忘れないとよさが見えなくなっている。見慣れないことをよさであると勘違いしている?
▼▼センス。感性。感受性。審美眼。あたりの言葉が関連語として浮かんだ。このあたりの問題だろう。つまり真善美の中では「美」の問題と捉えられそうかな、とも思った。美醜の物差しを前にしながら「気にしてしまうところ」と言えそうである。美醜の判定には慣れと飽きと記憶が関わってくる。真贋の判定、や、善悪の判定、なんかだと、あんまり関係してこなそうだ。とか言いつつも、善悪については、飽きたから悪気味、とか、無意識に思っているところもありそうだけど……。


▼▼というぐるぐるを、突破する術が、打開する道が、ある、と思っているところもあるなあ、って気がしてきた。ぐるぐる回っている最中に、ある知識、ある体験、に出くわすことができれば、次の段階や別の領域に、進める、んじゃないか、と期待しているところがある。経験則的に思っている気もする。不意にジャンプすることができて別のぐるぐるの中に飛び込める瞬間があった、と記憶している。
▼▼ジャンプできる瞬間の気持ちよさ、を知っているから、また同じところに戻ってきてしまった、と思った瞬間に、あーあ、と残念がってしまう。最近また思ってしまう瞬間があった。というのが切っ掛けになって、この日記が書かれた気がしてきた。なにかを不満か不安に思って書き始めた気がするんだけど、なんだったっけ、ということが途中から判らなくなってきて、改めて整理せんと舵切りしていたのだった。
▼▼フォントまわりだとまだぜんぜんジャンプできていないなー、という愚痴である。


▼▼忘れたのちに改めて再会した場合、と、完全に初めて出会った場合。一口に新鮮味と言っても、二つは違うはずだろう、とも思った。新鮮味を覚えられたことで美しく思えてしまったり楽しく思えてしまったりする、ということを問題視したがっているような切り口になっていたけど、異なった問題として見做すべきじゃない?と思った。新鮮味に難点や欠点を見出すなら、忘れる、のほうが駄目そうだな、って思った。駄目そうというかコントロールが下手だと困ることが多そう。