読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錯覚の修正、というものを餌に、正しさに近づく(嗅ぎ取る)

▼▼認知の錯誤に気づいて、直す、ということが、世界に実はあんまりない「正しさ」というものを、匂わせてくれる――少しは近づけさせてくれる、と考えているところがあるんじゃないかなあ、って思った。そういう世界観がありそうだ。認知ミスや判断ミスの周囲をうろうろしていることで、気持ちのよい「正当性」という薫りを、嗅ぎ続けることができる――快楽に溺れ続けることができる、という嗜好でありハマリだ。
▼▼そのための日記っぽいなー、そういう快楽を味わい続けるために言葉を置いているところがありそうだなー、というのも思った。