何文目までの好感度

▼▼最初の一文を読んだだけで、もし、あ、この話題かー、知ってるやつだ/つまらない話題だ/好きじゃないな、なんてふうに否定的に思われてしまったとしても、二文目はなんとか読んでもらえるだろう、というような楽観を持っている気がして、実際じぶんはそうしているんだろうか? じぶんの経験から逆算して「世界観化」してるのかな? って疑問に思ったのだけれど、もともとの信頼や敬愛の具合による(信頼や敬愛の量によってそうしてる時とそうしてない時がある)、と思ったので、つまり、よき感覚を文脈化することができていれば(まあまあ好きになってもらえていれば)、二文目までは辿り着いてくれる確率が上がる、ってことでよいのかなー、と現状では思った。この「好感度」とか「ファン」とかが見せる影響、と、「何文目まで読んでもらえるか」という感覚が、もちろん、人によって違うんだろうけれど、どのくらい違うんだろうか、とも思う。