読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物差し的判定の脳裡を書かない(じぶんは書いてしまうほう)

雑談記

▼▼好きだとか正しいとか善い/良いとか、適切だとか効果的だとか合理的だとか、極と極に分けて話すことが──推奨側と非推奨側に分けて話すことが、つまり「物差しの話をしながら」話すことが、やはり多くて、日記っていうのはやっぱり物差しの話に吸い寄せられていきがちなのかなー、なんてふうに思いつきつつ、単なる情景描写、構造説明、を残しておくことも、当然、可能なはずであり、でもまあそれを主にしていない(しようと思いついていない)以上、じぶんの趣味嗜好がこちら、ということではあるのか……、ということを、思ったりした。
▼▼端的な、構造や情景の、記録、にとにかく惹かれる、精神、感性、世界観、というものをシミュレートしてみるの、面白そうだなー、っていうのも、思った(惹かれていてとにかくそれが書きたいのだ、という欲求持ちと、書いておいて意味があるのなんてそれくらいだろ、と判断を下すような意識のありかたと、時間なり手間なりの問題で書けるのがそれくらいなので最低限それを書いている、というような状況の問題と、いろいろありそうではあるけど)。時々そういう日記を静かに書いている人も見かける気はする。