見慣れない言葉ひとつで、ある日記が、ぐっと好きになってたりする

▼▼見慣れない新鮮な言葉だー、なんてふうに思える言葉が、人様の日記の中に、一つ混じっていると──一つ転がっているだけで、読会中の楽しさが、ぐっと増す。勝手に増幅して、勝手に面白がってしまう、という習慣が出来ているなあ、と思ったのだった。瞬間的かつ爆発的に気持ちを燃え上がらせてしまう癖が出来ている。
▼▼見知らぬ言葉や見慣れぬ言葉──あるいは、見知っていたはずなんだけど、すっかり忘れていた言葉、が、好きなようだ。書いてる当人にとっては非常に馴染みがあるんだろうな、と思えたりするたびに、殊更、楽しく思っていたりもする。▼▼見慣れぬ言葉がごくごく自然な雰囲気の中で使われている、っていうのを眺めることで、未知の言語感覚と接触できたつもりになってるんじゃないかなー。実際、少しは接触できているんじゃないかと思える。でもって、未知の言語感覚が好きなのだと思う。
▼▼見慣れない単語が、文中に、一つ、置かれているのを眺めただけで、お、この文章はじぶんの知らない世界のものだぞ、って思わせてくれることがあるのだよなー。
▼▼学術用語や専門用語を活かした比喩、あたりが特にそうだ。じぶんと異なる世界観を匂わせてくれる。文章全体を別の世界の雰囲気で彩ってくれる。満ち溢れさせてくれる。