頻出されるようになった状況や傾向から、逆算して、単語を作り替えることが可能な、生物文化も、素敵そう

▼▼単語を構成している文字/漢字を丁寧に読み取ることで、似たような言葉だけど若干違う、というものの違いを見つめようとする趣味があって、好きなのだけど、「絶無」と「皆無」の差、に関しては、前々から迷ってしまっているところがある。


▼▼構成している文字/漢字とはほぼ無関係に、こちらは生物に使うものでありこちらは無機物に使うものである、とか、こちらには動的なニュアンスがある、とか、こちらには情緒的なニュアンスがある、とか、こちらには上から下に向かって伝えているかのようなニュアンスがある、とか、曖昧な気持ちや向きが含まれている場合もあって、このあたりのことも文字や漢字に含めて顕しておいてくれればよいのに……!って思っていることもある。
▼▼人類が、こういう空間では──こういう状況では、これを使おう、これを使うか、なんか皆様これを使うようになったな、っていうような習慣を作り、馴染ませてしまったあとに、文字列を変えよう、って言っても、無茶であろうことは、判るけれど……。それが可能な知性があるなら、面白そうだ、とも思う。