これとこれを濃いめに混ぜられるのはぼくだけ説

▼▼独自性の形状の一つに、ある二つの出来事を同時期に経験した人ってあんまりいないんじゃないかなー、っていうのがあると思っている。書籍Aと書籍Zを読んだことがある人は数多くいてもおかしくないけれど、書籍Aの直後に書籍Zを読んだ人、というふうに区切るなら、まあ当然、人数は減るだろう、という認識だ。漫画Xと舞台F、映画OとテレビゲームG、というふうにカテゴリを織り交ぜるならば、なおさらだ。ある記憶の余韻や残滓が頭の中に燻っているうちに別の記憶を混ぜこんで、考えることが、できる、ということの、独自性──運のよさと新しさ。といったものを頼りに「ぼくの考えたこと」に期待をかけることもまた、アリなのでは、って思っていることがある。
▼▼ここ最近の面白かったもの羅列、してもよいかなー、と思いがちなのは、このあたりの認識および信仰によるものかと思われる。