読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結論ミスが心配、礼儀ミスが心配

思考記

▼▼属性的な情報での決めつけ、を行ないながら、人に接するのはよくない、という切り口がある(かと思っている)わけだけど、これって、「人間」を相手にしている時に特に起こる問題、として認識しておいたほうがよいのかなー、っていうのも、今回、合わせて思った。ここをおおきめに見つめておいたほうがよさそう? 目積もっておいたほうがよさそう?


▼▼固定概念や既成観念に縛られて「思考」しないほうがよい、それはよい思考ではないからだ、それは素敵な思考方法ではないからだ、なぜなら、思考ミスが発生しやすくなるからである、なのでやめたほうが賢明である、というふうに、「決めつけ」的なことを行なわないよう慎重を期した思考のほうが「良質」なので、思考というものの性質として「決めつけ」はやめたほうがよいよー、排しておいたほうが基本的によいよー、っていう意見が、まず、あるかと思うのだけど、「人様に対して「決めつけ」を行なわないほうがよい」というのは、それとは別の切り口じゃない? って思ったりもするのだよなー。
▼▼そして、このあたりの違いを、脳内で混ぜこぜにしていると、なんかこう、それこそ「思考をミス」しそうだな、って思ったりもするのであった。


▼▼思考を間違えて違う結論に辿り着いてしまうことの心配、と、思考を間違えて失礼を働いてしまったり誰かを傷つけてしまうことの心配、は、違う(と思うんだ)けど、このあたりの違いを、混線させとかないほうがよいよなー、と「心配」している雰囲気だ。