比喩は気持ちよい

▼▼比喩って気持ちよい。物事を真っ直ぐ指ささずに、何かと見比べながら──何かを経由させながら、言語化するのって、なかなかの気持ちよさがあるな、って思う。視野の中に置かれる事象が複数になるため、空間的な拡がりが出来て、気がおおきくなり、気持ちよくなる、というような側面があったりするのかなー、って思った。
▼▼という言い回しにおける「視野」も「空間」も比喩だと思うのだけど、こちらの比喩は「気持ちよさ」によって「出してきたくなった」ものではない雰囲気もあるなあ。なんというか、判りやすさのため、というか、いやそもそも「比喩的な言葉使いをしないと説明できない事象」がある気もする。