人としての成長、と臆面もなく言うのはあれなんだけど、生活の中の物事が「こっちに向かうなら成長と呼ぶに値するんじゃない?」と思わせてくるのは、やはりある

▼▼人としての成長、といった言葉は、人として伸びるべき方向、とか、人としての正しい在りかた、とかいったものを背景として連れてこようとしてくる印象が強く、あんまり好きじゃないところも(かなり)あるのだけれど、毎日の生活の中で出くわす出来事とか人様の振る舞いなんかに対しての様々な気持ちが、こっちに伸びていきましょうよ~、こっちに伸びていきたいじゃないですか~、と思わせてくるのは、間違いないし、止められないだろう、というのも同時に思ったので、このあたりのことが「指針」として頭の中に出張ってきて「そちらに向かわせようとしてきてしまう」のは、まあ、しょうがない、否定しても嘘ついてもしかたない、伸びないことはできない、と結論づけたりもした。