一言コメント日記と雑談日記

▼▼一言コメントをするのと雑談をするのでは、思考も精神もやりかたも、異なる雰囲気がある。一言コメント精神を持って書いた日記、と、雑談精神の中で書いた日記も、まあまあ異なる印象だ。▼▼一言モードと雑談モードを行き来させることで、言葉の出具合がなんとなく変わってくれたりする。言葉に詰まってしまった時に、別のモードのことを意識すると、妙に通りがよくなったりする、のだ。▼▼といった経験から、二つのモードがあるのだな、とは思っていることがある(無論、二つ以上あるかもしれないけれど)。
▼▼といった「日記叙述時に関する手触りの違い」「書いてる時の感触、二つほど、ある気がするなあ」といったぼんやりとした理解が、うまく掴めていなかったので、類例を探してみた次第である。一言コメント、と、雑談、という対比。適切な比喩かどうかは微妙なところ(雑談がアヤシイかなあ……)