読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複雑ばかりでもない

▼▼あるものに対して、単純、というよりは、浅はか、と言ってしまえるほど粗雑な構造的状況を、ずっと脳内に想像してしまっていた時に、ふと、別の「複雑版」的な構造がありうることに(丁寧に見つめ直してみたら)気がついて──気がつくことができて、で、気づいたその後、これまできちんと見つめてこなかった申し訳なさ等から、なんとなく、複雑版の構造ばっかりを想定するようになる──単純版の構造をあんまり思い浮かべなくなる、という傾向があったりするのだけど、それもなんか違わない? と、今回、改めて思ったりした。