コメントまで含めてひとつの作品

▼▼書き終えた文章に対して、ブックマートコメントやブログコメントを戴いて、お!そういう視点から見る手があったか! あ!そういう話に派生できるのか! なんてふうに驚けることが結構あって、こうして人の目のある場に文章を書いていることの幸せの一つと言えるだろうな、っていうのを思ったし、そういうコメントが貰える場を形成できてよかったねえ、っていうのと、こんなふうに楽しい経験が蓄積されていくのならば、言葉を人様に見せてゆく趣味や趣向を「よい」と思ってしまう物差しを、どうしたって形成していっちゃうよなー(そこに「よさ」があることを脊髄反射的に認識してしまう人生になることを、まあ避けられないだろう)っていうのを、思った。