コチラ側からアチラ側に言葉を届かせる時の、人に迷惑をかけないなら、という匂いを付け足す必要性

▼▼人様に迷惑をかけないならね、といった線引きが、正しさの匂いをまとっている光景は、頻繁に見かける。あまり好きな言葉の使いかたではなかったりもするのだけれど、迷惑、被害、苦痛、困窮などなどを、予防しようとするなら、言っておかねばなるまい、という判断があるのも、判る。正しさとして語っておく必要性も重要性も判る。
▼▼というような都合により、人類や社会における各自の主観のもとでは、たいてい、正しさを背負わされなくてはならぬ言葉なのである、と、改めて整理していた。▼▼ぼくの主観、ぼくからの発信、において、付け足さないと、困る。だから、付け足す。でも、付け足されないものもある。付け足されぬ言葉も存在しうる。といった整理であった。