頭の中を覗きながら、ばっかりだ

▼▼思考や脳や頭、認識、理解、あたりの概念を微塵も持ち出さないで──単語として避ける程度ではなく、完全に脳内から排除するよう仕向けながら目を背けながら、執筆活動に当たってみたら、新しい局面を開かせることできるかも、と少し思った。考えてる、考え、といったもの達をおそらくじぶんは自明視しすぎ、というか、重視しすぎだし、描写しすぎだし、手慣れすぎで難易度低すぎ。というのの矯正狙いかなー。