途中で手の平返ししたやつも書き残しておく

▼▼新鮮味を味わいながら書きたがる。のだけど、書いている途中で、これすっごく普通のこと書いちゃってる……、と気づけてくることがあって、結局、取りやめてしまうこともあったりする。▼▼が、途中で「普通だ」って判ってくる、という流れ自体が、新鮮味あるのでは? よいものでは? 記録に値するのでは? なんて思えたりも、した。
▼▼という感覚には素直に従っちゃってもよいかもなー、って考えていた。訓練ってのは間違うことが大事なんだ、というのが、ここに適用できるんじゃん、とも思った。