技術と知識で立ち向かえると知れ、意外とそれで立ち向かわれてると知れ

▼▼技術を訓練してやりかたを知るだけで意外と克服できる事柄って沢山あるんだよ、ということと、眺めていて実際に実践できている人達の多数がその技術と知識を持ってるだけなのだよ、ってことが、巧いことぜんぜん腑に落とせてなくて、絶対に沢山あるんだろうなー、間違いなく一杯あるはずだよなー、って改めて考えてた。世界観の底のあたりにもっと強く刻み込んでしまってよいかと思う。妥当も不足もすごく感じる。巧くじぶんの可能性を拡げる道の一つに思える。ここが狭くて閉じてる雰囲気あるもんなー。