日常を唐突に褒め称え始めるみたいな

▼▼比較的嬉しい寄りの出来事と比較的哀しい寄りの出来事があったってことをふんわりと書こうと思って言葉を連ねたら前述のような文章になった。特別で格別な出来事──普段通りや通常通りやじゃないこと、を、嬉々として記述してしまうことに対する違和感というか申し訳なさってのは、結構強く「思える」のだよなー。なんていうか、常日頃に対して「すいません!」って思う。だからって日常を「日常こそ素敵!」って褒め称えるのもなんか違うというか、日常舐めんな、そういうのじゃないだろ、と怒られそうに思ってしまうのだった。惰性で無駄に持ち上げる態度の嘘臭さの話かなー。▼▼日常とか空気とか突然褒め出すと怪しいじゃないですか。でも、時折そうあってもいいだろ、とも思うわけで、巧く出し抜きたいとか考えてる。巧く一旦通しちゃえばあとはどうにでも的な。