悪意はマイナスバイアスすぎるので悪意に見えてしまったらまずそこから

▼議論は難しいなー。視線が噛み合わないならなおさらだよなって思った。議論に関する有効な知識や技術は沢山あるわけだけど、実際の場面で問題意識的視線をきちんと同調させるのは、微塵も簡単ではない。難しいものだ、って改めて考えていた。▼簡潔に言うなら、想定外の防衛反応が噴出してしまった時に――想定外の「悪意」が「言葉」の背後に見えてしまった時に、いかなる技術でそれを収束させていくことが可能なのだろう、とかいう話になるんじゃないか、って思った。次手の言葉を安心して聞いてもらうためにはどうしよう、とかかなー。じゃないとはね除けられて終わってしまうだろう、とか。でも綺麗な搦め手じゃないとあっさりはね除けられてしまうんだよな、なんてことも考える。