電撃文庫新刊の川原礫

▼電撃文庫の新刊が並び始めたみたいだ。想像以上の人数が川原礫『ソードアート・オンライン』を読んでいるなー、と観測してみた。前著『アクセルワールド』が継続を納得させるほどおもしろかったんだろう、と解釈する。▼で、信頼できたりもした。肌理の粗い推奨や称賛を聞くより余程信頼が置けるよなー、なんて考える。信頼感が透けて見えることによる信頼、と言えるかな。盲従は危険で、調整は要るだろうけど、とは思う。