調整する熱意

▼記述して、夜が明けて、読み直して、駄目だ、微妙に美しくない、とか判定して、改訂し再構成する、くらいが、結局は最適というか快適みたいだ。みたいだなー、ってぼんやり思った。書き捨てとかは結局楽しくなくて不満が溜まってしまう。停滞してしまう。手間をかけすぎると続かない、という誰かの判断に軽く納得して、まあいいかって思えるようなクオリティでもオッケーを出すようにしていたのだけど、もう調律いらん、と思うようにしていたのだけど、最後まで調整する熱意、なんて言えそうなものが、やっぱり意外と大事だったみたいだ。もちろん、どんだけ書き殴っても書き捨てても、はたまた調整を繰り返しても、際立った目立った差はないじゃん、なんて、読み手からは思えてしまうかもだし、熱意がクオリティに繋がらないことに対しての不平不満が、次第に溜まっていく可能性だってありうるのだけど、というような対処や対策に関しては、将来の自分に期待しておこう、とか思う。譲るよ。なんて書いとけば頑張っちゃいそうだからな。あほか昔の俺は、しょがーないな、何とかしてやるよ、とかわりと思いがちな人格ではある。