難しい言葉がなんか好きなわけですよ

▼難儀な衒学趣味ってわけじゃないんだよー、という訴えの匂いはする。微妙にアピールしたがっているようだ。でも、難解な言葉をあえて選んでいるところだってあるだろ、と問われたら、完全否定はできなかったりもするのだった。するのだけど、やっぱり衒学趣味ではないつもりなのである。では何かね、とは問い詰めておくべきところかな。なので問い詰めてみよう。▼なんていうか、峻別っていうか差別っていうか、簡単に言うと、言葉に対して、君は採用だよー、君は落第だよー、っていうのを、可能な限り決めたくないのである。正直言って、意外と強くそう思っていると思う。はっきりくっきり思っているのがわかる。誰にでもわかるように――誰にでもわかる言葉で、って思想も、決して理解できないものではないし、特別嫌いな趣向でもまったくない。だから、時には従っていることだってある、でも、普通や当然や基本にはしたくないのである。したくないぜ、って思っている。▼習慣や頻度なんかでは言葉の優位を決めたくない、のだ。厭、と強く感じてしまうのである。復権の可能性を残したいんだよねー、なんて言えるかもだ。ただわかりにくいってだけで、君等は奴等を避けて、排除しようとしてかかるけどさー、でも、奴等だって頑張ってんじゃん、ていうかな……。なんかそういうのがある。