Face to Face

▼現実に喧嘩を売りたい。というために音楽を好んでいる、というか、音楽に頼っているところがあったりなかったりするかな、って考えていた。別に現実が嫌いというわけではない。全然嫌いじゃない。嫌いがゆえに喧嘩を売ろうとしているわけではない。結局「喧嘩」という表現がそぐっていないのか、と思った。挑戦、かな。現実も「世界観」に置き換えたほうが正確になるだろう。人生観や価値観にも置き換え可能だけど、意味はいくらかずれる。ただし、ずれた形式もずれた意味も楽しく思えたりはしている。
▼CHEMISTRYのLIVEに出掛けた。のだった。CHEMISTRYは音声的に好きなんだと思う。歌詞にはあまりおおきく惹かれていない。歌詞はあんまり強い引力を持っていないかもなー、なんて思ったりもする。でも、音声の引力に導かれて、最後には歌詞の引力圏まで落ちてしまうことも、ままある。LIVEはもう抜群に楽しかった。楽しかったが、臨場感とか一体感に見出した感じではない。異物感、かな。