右往左往と合う合わないから目指すクオリティ

▼雨。流石だ、と思う。豪雨というほどではないが、些末でもない。最近は頻繁だ。流石に梅雨概念も成立するよね、という感じで、笑えた。起床は午前9時。寝スギ。
▼遠くから判断や実感を見つめ直し、分析しながら、描写しながら、整理していく。連想もしていく。という執筆状況が、最も素敵だ。とか現状では考えている。というか、書きやすい。無論、書きやすい、ということが、最高、に繋がるかどうかは微妙なところだろう。むしろ「無関係だ」とすら思う。直接接続はできないし、経由しても可能かどうか微妙だと思う、のだ。でも、最適という表現なら、アリかな、って思える。合う合わないから始めるのもアリなんじゃなかな、って思う。最適から最高を目指してみたい、とかだ。
▼読書は引き続き『ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』で行くつもり。